株式会社近藤電子工業

CASE

実績

KEIm-08の導入と製品開発支援

開発の目的

  • Compact [コンパクト]
  • High speed [ハイスピード]
  • Simplicity [シンプル]

商品概要

電子デバイステスト装置

これまでのテスターの「高価」「大きい」「機種展開に時間がかかる」といった概念を払拭したテストシステムです。

ユーザー様のお困りごと

機能を追加したいが既にマイコンの演算能力が不足している。

機能を追加しつつ演算能力を強化したい。

個別の機能に合わせる為、制御回路の規模が大きくなってしまう。

回路や基板を流用可能にし小型化したい。

FPGAを採用したいが開発時間がかけられない。

量産向けFPGA小型モジュールを探す必要がある。

解決策

KEIm-08(近藤電子工業製)を導入

構成、RTL設計、調達、製造、検査を支援

  1. MAX® 10 FPGAはNios® ll プロセッサ搭載にて処理能力が向上する。
  2. System on ModuleのKEIm-08なら小型且つ薄型で場所を選ばない。
  3. KEIm-08は量産仕様なので開発コストがかからず、RTL設計支援も可能。
  4. オプション用途にマイコンライクにも使用し共通化が可能。
  5. ソフト変更/ベースボードの共通化でスピード立上げが出来る。

KEIm-08を採用し、課題を解決